銀のスプーン(キャットフード)のMIX(6歳,3歳)の口コミ

銀のスプーンキャットフードを6歳と3歳のMIXにあげている口コミです。MIX6歳と3歳の猫に銀のスプーンキャットフードをあげています。キャットフードを選んだ理由と猫の反応を含めてご紹介いたします。

 

銀のスプーン、ねこ元気、こく旨リッチキャットフードを食べているニャンちゃん紹介

飼い主:40代女性

猫種:MIX

猫の年齢:6歳(4匹)、3歳(3匹)

キャットフード:ユニチャーム 銀のスプーン、ユニチャーム ねこ元気、ペットライン こく旨リッチ

月の餌代:1万円弱

 

愛猫の性格MIX(6歳、3歳)

不思議と柄で性格が分かれています。
鯖トラ2匹は穏やかで優しく臆病、甘えベタです。何か大きな音でもすればピョンと飛び上がり物陰に隠れて小さくなってしまいます。抱っこを嫌がりますが、誰も見ていないと抱っこしてほしそうにすり寄ってきます。そのツンデレ加減が可愛いです。
キジトラ2匹は好奇心旺盛の甘えん坊です。常に脱走のタイミングを見計らっていて、1匹は2度家出して2週間程してから帰ってきました。今は朝晩お散歩に連れて行きます。とても甘えん坊な性格で、私が電話をするのが嫌で邪魔をします。
黒猫2匹は朝から晩までイタズラばかりしています。カーテンは上手にはずし、買い置きしてあるトイレットペーパーは、芯までぐっちゃぐちゃにされます。
黒トラは神経質。すぐにお腹を壊します。

 

銀のスプーン、ねこ元気、こく旨リッチキャットフードを選んだ理由

我が家では猫を7匹飼っていますが、好みがそれぞれ違うので3種類のフードを購入し、それぞれ好みのものを与えています。
お魚味が大好きな子もいれば、魚味が嫌いでお肉味のものしか食べない子もいます。「猫と言えば魚!」みたいなイメージがあるためか、魚味の物の方が圧倒的に多くお肉味だけのものとなると限定されてしまうので、決まったものばかり購入してしまいます。
「食べっぷり」というよりも、メスで体の小さい子たちは小さい粒の物の方が食べやすいようで、小さいタイプの物を好んで食べます。味プラス食べやすい形状でないと食べてくれません。お肉味で小粒となるとペットラインのこく旨リッチしか我が家の周辺にはないので、これを与えています。

 

猫がいて良かったこと

現在一緒に暮らしている7匹の猫たちは、どの子もみんな近所で保護した猫です。まだ生まれたばかりの子を、ミルクをあげたり、排泄のお世話をしながら家族みんなで一生懸命育てました。日々の餌代に加え、予防接種や手術、ケガ、病気等々お金はかかりますが、お金にはかえられないそれ以上の癒しをもらっています。
私は下の娘を出産した年に難病を発症しました。子供を産んで、これから育てなければならないという肝心な時に寝込んでばかりの日々を送りました。県内の病院に私の病を診てくださる医師はおらず、新幹線で遠くの大学病院まで通う生活でした。そんな自分のことも、子育てのことさえもままならない中で次々と出会ってしまった猫たちでしたが、放っておくことが出来ず、保護して一生懸命お世話をする中で、いつしか私の難病が消えていきました。
現在では薬の服用もなく、半年に一度市内の病院で定期健診を受けるだけにまで元気になりました。私を支えてくれた家族と、癒しをいっぱいくれた7匹の猫ちゃんたちのおかげだと信じています。
猫が奏でるゴロゴロ音は、治癒力があると何かで読みました。私が具合が悪くて寝ていると、よく猫たちが7匹ぐるっと私を囲んで寄り添ってゴロゴロ奏でてくれました。
これは最高の治療だったんじゃないかなと思って猫たちに感謝しています。

 

モグニャンキャットフードのグレインフリーの商品の感想

人間も食べることができる厳選素材というのが魅力を感じます。よくTVCMで流れている某有名キャットフードを食べさせると、うちの子たちは吐いてしまいます。おそらく、それを食べる猫ちゃんのことは考えず、購入する人間ウケだけを考えた見た目重視の造りのため、素材に問題があるのではないかと思い危険だなと感じていました。
猫が生きるための栄養源ですから、動物病院の先生もお薦めするフードというのは大切だと思います。
白身魚味ということですが、お肉味バーションもあったらなぁと思います。